厚生労働省相談機関基準適合認定メンタルヘルス相談機関
人と組織の健康づくり メンタルヘルスサポートセンター
ストレスチェックサービス開始しました。
Home EAPの特長 サービス概要 会社概要 経営理念
Location
ホーム サービス概要

労働条件・組織体制・作業環境基礎調査


メンタルヘルスサポートセンターはメンタルヘルス対策導入に先立ち、必ず職場の労働条件・組織体制・作業環境基礎調査を実施します。

企業成長の原動力は人材です。その人材を効果的に活用できる人事体制となっているか、モラルは維持されているか、法的整備が果たされているか、危険な作業環境はないか、適法性・適切性・最適性の観点から検討します。


■適法性(legality)法令に沿っていること、違法でないこと

■適切性(proper)実情に適合していること

■最適性(most appropriate)理にかない、最も妥当なこと


調査対象とする社内文書類(例)

組織図、職務分掌図

人事考課表

就業規則、各種規定類

安全衛生管理体制文書

労働者名簿

タイムカード、出退勤記録

労使協定、労働協約

賃金台帳

雇用契約書

労働保険関係書類

調 査 事 項


労働時間、休日、休暇、賃金水準、表彰・制裁

昇給、賃金構成、賃金の支払い方法、退職手当

人事制度、人事考課の方法、採用、配置転換

安全衛生計画、変形労働時間制、労災発生内容

健康診断の内容、福利厚生の内容



メンタルヘルス対策導入コンサルティング


メンタルヘルス対策が円滑に運営されるには経営者、役員、人事担当者、管理職、産業医等が緊密に連携を取る必要があります。自社に最適なメンタルヘルス対策の運営方法・組織体制について導入時に充分な打ち合わせを行います。


コンサルティングメニュー
経営者層へのメンタルヘルスの必要性の説明
人事担当者への現状・課題の聞き取り
当社メンタルヘルスサービスの自社カスタマイズ
メンタルヘルスの運営方法・組織体制構築
各関係者の役割分担・連携方法の検討・確認

社内へのメンタルヘルスサービス開始の広報

管理職・社員へのメンタルヘルス研修内容の検討

メンタルヘルス対策が効果を上げるためには外部相談機関に丸投げではだめで社内各階層でその必要性について認識するとともに、自社の実情に適合した運営方法・組織体制を構築する必要があります。


カウンセリング


メンタルヘルス対策では相談者の話を聞くことからすべて始まります。
相談方法は3種類用意してあり、最も利用・相談しやすい相談形態を選択していただけます。


■電子メール相談■
■電話相談■ ■面接相談■

■精神科医による面接の結果、医療上の措置が必要と判断された場合、適切な医療機関をご紹介します


相談パターン
相談内容例




本人自らの判断で相談
▼夜寝つきが悪く、夜中何回も目が覚める
▼セクハラがあり、会社に行きたくない
▼仕事が自分に合っていないと思う
▼何に対しても興味がわかない


上司・人事担当者等の勧めで本人が相談
▼仕事に集中できず、能率が上がらない
▼仕事が面白くなく退職を考えている
▼多重債務があり、返すことが困難
▼取引先との人間関係がうまくいかない


上司・人事担当者等が本人への対応を相談
▼最近急に元気がなくなった部下がいる
▼社内で欠勤・遅刻・早退者が多くなった
▼部下がモチベーション低下している
▼協調性のない社員に手を焼いている


セクハラ・パワハラ防止・対応サポート



セクハラ・パワハラは事が生じてから処理するという発想で対応することはできません。

常日頃から経営者・従業員・関係者にいたるまで全社を上げてセクハラ・パワハラを認めない企業風土作りをめざし、万が一発生したときには迅速・適切・公平に解決処理できる体制を構築しておくことが求められます。

メンタルヘルスサポートセンターでは、それぞれの会社に最適なセクハラ・パワハラ防止・対応サービスを提案します。



メンタルヘルス研修


メンタルヘルス対策を効果的に運用し、メンタルヘルスに対する正しい理解・知識を持つ
ために一般・管理職向けに様々な研修を行います。



メンタルヘルス対策を効果的に導入するために関わる担当者にメンタルヘルスの概要、運用手順について研修を行います。



一般向けに心身の健康管理方法、ストレスの発生のメカニズム、ストレスとの上手な付き合い方、ストレスの予防・軽減方法、うつ病の基礎知識等幅広い基礎知識について研修を行います。



労働基準法・労働安全衛生法の基礎知識、メンタルヘルス指針の解説、メンタルヘルス問題の動向・心の病の観察方法、管理職の対応方法・かかわり方等管理的側面に重点を置いて研修を行います。



心身不調者を出さないためには職場全体でのメンタルヘルスの取り組みが必要です。研修を行う意義は会社で取り組んでいるという姿勢を社員に示し、その姿勢が社員に安心感を与えて労働意欲の向上にも繋がるということです。


復 職 支 援


心の問題により休職する労働者数は増加しています。労働者、家族にとって円滑な職場復帰は大きな課題となります。当サービスは労働者の職場復帰を支援するプログラムです。

メンタルヘルスサポートセンターでは社内の役割分担を決め、労働者・家族・主治医との連絡をとりつつ、スムーズで本人・職場双方に負担の少ない職場復帰をサポートします。



人事・組織コンサルティング(オプション)


メンタルヘルス対策が効果的に機能するためには人事面から労働環境を整備することが不可欠です。人財としての「人」を充分活用し、保有する能力を十分発揮してもらうために人事制度の見なおし、構築を行います。

(コンサルティング例)

● 人事考課、業績評価、目標管理、職能資格、役職任期・定年制等の
  各種人事制度の設計・構築・導入サポート

● 賃金・賞与・退職金制度の設計・構築・導入

● 労働時間、休憩、休日等の労働条件の設計

● 育児・介護休業制度の導入・設計

● 定年延長、再雇用制度の導入

● パートタイマー、アルバイト等の活用 

● 採用・求人計画、面接実施


リスクアセスメント導入支援(オプション)

危険・有害な作業は、職場のストレスを増大させる要因の一つで、事業者は「実行可能な限り事業場における安全衛生水準を最大限に高めることができる方法」を組み込んだ安全衛生管理を行う必要があります。これを実現するための有力な方法の1つがリスクアセスメントです。

リスクアセスメントの職場への導入を支援します。






労務トラブル防止・発生対応 就業規則・各種規定類作成
労使を巡るトラブル件数は確実に増えていま
す。大きなトラブルになる前に問題を解決して
おくことが必要です。どんな小さな疑問でもご
相談ください。
「予防」・「解決」の両面から解決します。

急増する労務トラブルに対応するため、
コンプライアンス (法令遵守)
リスクマネジメント(企業防衛)
の両面に対応できるきちんとした就業規則・
各種規定類の作成を行います。

定期報告・定期会社訪問 メンタルヘルス情報提供・労働法関連情報提供
定期的に相談の結果について件数、特徴、企
業に存在する問題点等を取りまとめ、企業側
の担当者と協議の場において報告・説明いた
します。
 四半期報告 
 年間報告
 定期会社訪問
 月1回発行レポート配布
 メンタルヘルスに関する様々な情報
 雇用に関する助成金情報 
 労働法規の改正情報 
 判例情報
 雇用情勢、統計情報
Copyright(C) 2016 mental health support center All Rights Reserved.